結婚するということはどんな状況下でも愛せることができる人と人生を共に歩むことである

ゆずれない結婚条件は性別によって別の思いがありますし、加えて人それぞれ違う結婚観を持っているでしょう。結婚に対して甘い幻想を抱いている人はややテンションが下がってしまう話かもですが実情と向き合った上でまともに結婚を考えられたらいいですね。結婚条件の相違が補えずに夫とぶつかってしまうようなことが度々起こって、夫婦間が冷えきって離婚となってしまう夫婦も決して珍しくはないというデータについて頭に置いておいてほしいのです。冷静に考えればぶつかるようなことでもないようなささいな内容がキッカケで争いをしてしまい、やらなきゃよかったと思わないよう今のうちに自分の結婚観に対して考える必要があります。パートナーになる予定の人を思い浮かべて下さい。どのようなことをした時間と、どんなことをしてもらっている時に幸福感を感じるのか、考えてみましょう。している時もしてもらった時も純粋な気持ちで彼を好きでいますか?相手に何かしてほしいと思ってやってあげるんじゃよくなく、相手が何もしてくれなくても相手に喜んでもらいたいと思えるかを見直してほしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です