結婚するということは何が起きても愛情が失せない相手との生活のことである

子供についても数えきれないほど多くの考え方があるのです。子供との遊び方だってパートナーが異議を唱えてくる時がたくさんあると思います。どれも正解ではありえないのに、あなたも配偶者も子供の教育に関してはビギナーだというのに自分が育てられてきたままわが子を育てたいと思いがちです。どのようにしたなら噛み合わない結婚観を持つパートナーと快調に生活することができるようになるのか?お互いに不服がない価値観を持つ男性と出会えれば問題ないのですが、それを実現するのはかなり難しいので、自分の思い描いている結婚観を一歩譲ってみるといいでしょう。希望と実際とではいっしょではないのだと割り切るべきでしょう。好きな人と何をした時に安らぎを感じ何をしてもらえた時間に幸福感を感じるか、考えましょう。その両方の時、何の見返りもなく彼のことを愛おしく感じていますか?相手に何かを求めて何かをやるというのはNGで、どんな状況でも尽くせる相手か見定めてほしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です